不登校は絶望なんかじゃない!むしろチャンス!

不登校は絶望なんかじゃない!むしろチャンス!

こんにちは!けんぞうです!
今日の話は不登校についてです。今の世の中にどれだけ不登校で苦しむ子たちがいるのだろう。それに苦しんでいるのは子供だけじゃない。親だって周りの人たちだって同じぐらい苦しんでいます。

私も学生の頃,不登校になりとても辛くて苦しくてどうしたらいいか分からなくなっていました。病院にも行ったり,周りにも迷惑をたくさんかけていましたよ。それでも,段々生活に溶け込めるようになり,いまだから言えるのは「不登校になっても絶望しないでほしい」ということ。

だから苦しんでいるのは自分だけと思わないでほしい!辛い時こそ一緒に悩んで考えて進みませんか?世界は君を見捨てたりしないから!

親にも友人にも誰にも言えないなら,医師や無料相談所などに相談してみてください。必ず君の力になってくれるから!

必ず良くなるし,その経験は自分を強くします。今以上に相手を尊重し,感謝し,意思が強くなります。君は他の人にはできない貴重な経験をしているんだ!

それでは,本人とその周りの人たち,2つの視点に分けてお話をしていきたいと思います。

本人編

周りへの感謝を忘れないで

私は友人や家族,先生といい人にすごく恵まれていたと実感しています。その人たちに心から感謝しています。友達は毎日のように家に来てくれたし,先生も来てくれたり,たまに学校に行っても気にかけながらもみんな普通に接してくれました。

家族には一番迷惑をかけたけど,本当に最後まで付き合ってくれました。当時は感謝の「か」の字もなかったが,今となっては心から感謝しています。

しかし,みんながみんな同じように恵まれているわけではないのが現実です。それでも一人なんかじゃないよ!学校に頼れる人がいなくても,家族と仲が悪くても,あなたが一言「助けて」と言えば助けてくれる人はいます。だから,1回だけでいいから勇気を出してください!

そうして手を差し伸べてくれた人には,おもいっきり飛び込んで存分に頼ってください!

(でもでも,怪しい人やサイトには引っかからないでね,約束だよ!)

何よりもこの感謝と恩は忘れないでほしい。もしあなたが大人になった時,今あなたの周りに同じ境遇の子やママ友がいるのならば手を差し伸べてあげてくれ!

それだけでも,あなたもその人も幸せになれるから。

不登校は悪いことじゃない

冒頭でも言いましたが,今や不登校は珍しい現象ではないです。それでも世間の認知としては「悪いこと」「学校は行くべき」といったものが強く,この認知のされ方について私非常に残念です。

確かに学校に行くことで得られることはありますが,行かないことで得られるものもあると思います。

それが先ほどの人を思いやり感謝するということであったり,将来を考えたり,規則に縛られず自身で考えて生み出す独創性だと思うです。

特に「自立心」と「人間性」 は学校よりも学べたと実感してますよ!

ですので,私は不登校が悪いことだとはこれっぽっちも思っていません!ただ,推奨はしてないですからね(笑)

学費は親が払ってくれているわけでタダではないし,本人と家族のストレスも高まります。ですので,しっかりと自分と向き合い,親と向き合いましょう。

Time is money

さあ,ここが勝負所ですよ!

あなたには他の人にはないほど時間を持っています!時間があるという事は財産そのものです。私もこうしてブログを書いていますが,時間が取れないですから(笑)

ですので,家にいるのもいいですがこの時間を有効活用しましょう!気分も晴れますし,何よりも新しい発見や自分の天賦の才に気づけるかもしれません!そうなれば大したものです。

具体的には,まず自分の好きなことを思う存分やってみましょう!旅行,実験,ボランティア,なんでもいいから好きなものをとことんやってみる。

そうすることで,自分が真にやりたいと思うものや意外な部分が発見できるのです!

私もいろんなことをしました。特に地元のイベントスタッフやボランティアはよくやっていて,それは今でも続けているほどです。その結果,人と触れ合うことに楽しさを感じるようになりました!

自分を見つめ先ほどの直すチャンス

先ほどの時間を有効活用するという意味に似ているポイントです。

不登校になって一番聞かれるのが「なんで行きたくないの?」「なんで来ないの?」だと思います。でも,そんなこと言われても正直自分でも分からないですし,何より聞かれたくもないですよね!

かといって,何故か分からないまま過ごしていると解決策も見つからず悶々としてストレスが溜まる一方になりますよ!

だから,自分を見つめ直してみませんか?あなたがあなた専用のセラピストになるのです。何を自分に聞こうと誰にも聞かれませんから安心して自問自答してみてください。

そうすれば,悩みの根本が分かり解決策も見つかるかもしれませんよ!もし,解決できれば徐々に戻れるし,前よりもサイコーの状態になれるかもしれません!

大事なのは君がどうなりたいか

最後は君がどうなりたいかだ。少し厳しい言い方になるかもしれないが,聴いて欲しい。

 

今の自分が嫌だ,高校は最低でもここに行きたい,こういう人間になりたい。もし,そう思うなら待っているだけでは,何も変わらないぞ?小さいことでいいから何かしらアクションを起こそう。

君の気持ち次第で未来はいくらでも変わります。では,もう一度言います。

「君はどうなりたい?」

周りの人編

私はまだ親にも,大人にもなれていない若造です。でも,当時の親や友達,先生を見てきたから分かることもあります。

若造の戯言だと思っても構わないので聴いて欲しいです。

無理に行かせる,させるは厳禁

できるだけその子の気持ちを尊重してあげてください。おそらく理由を聞いても「分からない」と答えることが多いと思います。それに対して追求し,無理にさせることは絶対にやめてほしい。

 

その子と同じように周りの人間が苦しみ辛いことは痛いほど分かります。私の親も兄もすごく…言葉では言い表せないぐらい苦しんでいました。それを思い出すだけで心が締め付けられるぐらい私も悲しくなりますから。

だから,寄り添ってあげて,一緒に前に進んでほしいです。お願いします。

親だからって気負う必要はないですよ~

先生も家族もない,ただ一人の人生の先輩として

それぞれには立場というものがあります。その立場上どのように接して言葉をかけたらいいか難しいとことですよね。しかし,時にはその立場を忘れて一人の先輩として,人生を長く生きている者として接することでお互いにいい関係になれるのではないでしょうか。その経験を優しく示してあげてください。

さいごに

これは関わる人すべてに知ってほしい。不登校は病気じゃないです。ハッピーってなんだろうでも書きましたが,人は悩んで苦しんで成長していきます。そして苦しんている君や,その家族,友人も周りの人も同じように成長できるチャンスなんです!

この機会を生かすも殺すも本人次第です。でも,1つ言えることはこの経験は無駄でも絶望なんかでもない。まぎれもなく素晴らしいことです!私は,この記事を読んだ多くの人に,「不登校」を成長できる貴重なチャンスだと認識してもらえれば書いた意味も,私が同じように経験した意味も少しはあったと思える。

羽休めが必要な時はまた休憩しにきてください!
心のコンパスを失ったら魔法の言葉「はっぴ~」を唱えてね♪