不朽の名作”STAR WARS”

不朽の名作”STAR WARS”

これを知らない人はいないのではないだろうか。これぞ名作!!フォース,ライトセーバー使ってみたいーー!

ということで今回ご紹介するのは大ヒットSEアクション「STAR WARS」
実はこれが映画にハマるきっかけになった,けんぞうにはとても思い入れ深い作品なんです。

ある日,私がまだ可愛かった小学生の頃友達の家に遊びに行ったときに,その最中少しだけ映画を見てたんですよ。その時見たのがそう「STAR WARS EPISODEⅠ」だったんです!あの時の衝撃は今でも忘れられません。何これ!?と言葉にできない感情でした。

フォースやライトセーバー,戦闘機など男のが好きな要素満載なんです。しかし,エピソード1~3は政治関係の話が多いので子供が理解するには難しいでしょう。おかげで当時の私はほとんど内容が理解できていませんでした(笑)

それでも,幼き私は小学校でその友達とスターウォーズごっこをするほど大好きになりました。

おっと,そろそろ本題にはいらないといけませんね!私の昔話ではだれも得しませんからね!
それではどうぞごゆっくりとお過ごしください。

あらすじ

まず,STAR WARSシリーズは3部作ずつに分けることができます。アナキン=スカイウォーカーを主人公としたエピソード1~3の「新三部作(プリクエル・トリロジー)」。次がアナキンの息子であるルーク=スカイウォーカーを主人公とした「旧三部作(オリジナル・トリロジー)」。そして,ラストを飾るエピソード9を,2020年12月20日(金)に公開を控えた,少女レイを主人公とした「続三部作(シークエル・トリロジー)」です。

この作品多くの意見が飛び交いますが,やはり簡単に言うと「スカイウォーカーの話」がしっくりきますね。その中で銀河に平和と秩序を保つライトサイドの騎士〈ジェダイ〉と銀河を支配を目論むダークサイドの騎士〈シス〉が対峙しているのです。

時系列的には1から順になっていますが,制作順は「旧三部作」「新三部作」「続三部作」となっています。見る順番は人にもよりますが,個人的には制作順がいいと思います。というのも,1から見るとエピソード4に切り替わったときに,映像技術のギャップに見る気がなくなりやすいからです。

さてさて,構造が分かった所で各トリロジーをチェック!!
※因みに,ネタバレ防止やまとめるのがド下手なので分かりづらいかもしれませんがご了承ください。

新三部作(プリクエル・トリロジー)

プリクエル・トリロジー ではシスが銀河系を支配した経緯やシリーズ最大の敵となる〈ダース・ベイダー〉誕生の秘密などオリジナル・トリロジー につながるストーリとなっています。

このトリロジーの魅力は何と言ってもグラフィックや音響など技術面の進化を感じさせるところでしょう。ライトセーバーやフォースによる殺陣アクションは見ているだけでわくわくしますし,戦闘機による空中戦も見逃してはいけませんよ!

劇中の音楽も映画を盛り上げる重要な要素です。このスターウォーズシリーズでは音楽の良さが顕著に出ている作品だと思います。特にこのプリクエル・トリロジーはオーケストラ要素が満載でこれを聞くだけでも興奮します!

旧三部作(オリジナル・トリロジー)

あの有名人が遂に登場します!全身真っ黒の甲冑を身にまとい,不気味な呼吸を響かせる…シスの暗黒卿〈ダース・ベイダー〉です!

そのダース・ベイダー率いる帝国軍と,それに反旗を翻す反乱軍の戦いが繰り広げられ,若き青年ルーク=スカイウォーカーの成長と仲間との冒険が描かれています。そして,ルークとベイダー卿は導かれるように運命が交差していく。彼らの関係はいったい…

この話の魅力は,ルークという青年が仲間との冒険を繰り返し,やがては立派なジェダイの騎士と成長する王道のSFストーリーです。個人的にはエピソード4のラストバトルで登場する戦闘機「Xウイング」が好きです!あのレトロな感じがいいんですよね~

内容としてもプリクエル・トリロジーほど難しくなく,話がすんなり入つてくるので,スターウォーズシリーズを理解するにもちょうどいいのです。トリロジー最後のエピソード6≪ジェダイの帰還≫では,感動が盛り沢山!!恥ずかしながら私は涙目になりました笑)
あと,イウォークという種族が登場するのですが,これが小さい熊みたいで可愛いんですよ!あのシーンだけでも見て欲しいです!

続三部作(シークエル・トリロジー)

最後は,12月にエピソード9が公開されます,シークエル・トリロジーです。
ルークらの活躍により銀河帝国が壊滅してから数十年がたった。しかし,銀河には残党達により結成された新たな敵〈ファースト・オーダー〉が生まれており,それに抵抗する〈レジスタンス〉が抗争を続けていた。

惑星ジャグーに住む少女〈レイ〉,元 ファースト・オーダーの〈ストームトルーパー〉所属のフィンやレジスタンスのエースパイロット〈ポー〉をはじめ懐かしい面々も登場。

シークエル・トリロジーはルーカスフィルムがディズニーに買収されて作成されたもので,ファンの間では賛否両論となっています。個人的にもなんというか…インパクトに欠けるとは思いますね。それでも勿論見ますよ!(笑)

これに関しては完結しきっていないのであまりコメントは伏せますが,やはり自分の目で見たほうがいいかと!

まとめ

ということで,極力ネタバレを防ぐためかなりざっくりとした紹介になってしまいましたーー。申し訳ない。

個人的お気に入りキャラクターはエピソード1で登場するシスの敵〈ダース・モール〉ですね!あのライトセーバーと殺陣,そしてオーラすべてがかっこよすぎる!敵キャラながらサイコーです。

正直スターウォーズシリーズの紹介は他のサイトさんのほうが詳しく書かれているので,そういう方のを参考にしたほうがいいですね(丸投げでいいのか俺…)