【活動編】就活で気を付けるポイント

【活動編】就活で気を付けるポイント

やあみんな!元気してる?

今回も前回に引き続いて就活生のあなたに贈る失敗しない就活のポイントを,最近まで大学生だった私がご紹介します!

【準備編】と【活動編】と【面接編】3パートに分けてご紹介!

今回は
【活動編】ですよ!

準備はもうばっちりですよね?まだ出来てない人は【準備編】でしっかりと確認してきてね!

では今回は活動編ということで,実際の動き方について見ていきましょう!

スケジュール管理と生活管理

まずはスケジュール管理が必要です。就活には時間が限られますし,早く決めたいという気持ちはよく分かります。他の人が決まっていく中で自分だけ取り残されるのは不安が募りますもの。しかし,ここで焦ってはいけませんよ!焦りはミスとずれを生じさせ,最後は失敗へと繋がります。

だからこそ。スケジュール管理が重要なのです。むやみやたらに応募していくとどうなるか想像つきますか?

例えば10社受けたとしましょう。それが同時期なのか,それとも間隔をあけて面接日や通過した場合の日程が被ったりしないか,これだけでも心の余裕が大きく変わってきます。

過密なスケジュールは,いい事など1つもありません。1つ1つの企業に割く時間も足りなくなりますし,体と精神を休める暇がなくなるからです。

 

企業に入れるかどうかはある意味「運命」です。体も心もボロボロになるほど頑張らなくてもいいですから。ダメなら次に頑張ればいいだけです。必ずあなたを必要としてくれる企業は出てきます。

そして,同時にスケジュール管理は生活管理にも関わってきます。無理のないスケジュールは,規則正しい生活習慣を作りあなたを最高のパフォーマンスで保ったまま就活をさせます。

最高のパフォーマンスが出来る人には自然と人が集まってきますし,惹かれるものを感じるものなんです!

だから,無理なスケジュールはやめましょう?ゆとりのある人のほうが生き生きとして見えますよ!

インターンは別に必要ない

多くの人が気にするだろうインターンについて!

そもそもインターンとは必要なのでしょうか?私が考える必要とする人は,入社条件にインターン参加があること,自分自身で仕事を体験して判断したいという人だと思います。

別にインターンはしなくても受かる企業は多数ありますし,聞きたいことがあるならば会社説明会で事足ります。

学校は「インターンに行きなさい」とか所によっては必須とし,「行ったところを書いてきなさい」など言うところもありますよね。

 

正直に言います,そんな強制的な課題のようなインターンになんの意味があるんですか?入社して働くのはあなた自身ですよ!あなたが必要だと思えば行けばいいし,別に必要ないと思えば行かなくてもいいと思います。

何か得ようとしないで行くほど時間の無駄はないです。その時間を企業研究や自身を高めることに費やした方がよっぽどマシです!

ただし,間違っても行くのが無駄とは言っていないので勘違いしないでくださいね!なんとなくとか,強制されていくことが無駄と思っいるだけです。

それでも不安な人は安心してください。私は1つも行ってないですがこうして仕事をいただきましたから!必ずどこかしらで働けますよ!

始める時期はいつからでも

今度を就活の開始時期です。

年が変わり,寒さも和らぎ始めると良く耳にするのが「就活解禁」という言葉です。おそらく,3月頃に解禁されるのは今も今後も変わらないと思います。
(今後の人はその年の時期を確認してね!私の頃の話ですから笑)

 

この3月に入ると,どこもかしこも黒のスーツで埋め尽くされます。この光景を見るだけでゾッとします。みんな同じ真っ黒のスーツを着て同じような姿で,テンプレートのようなをセリフを面接で言って,その状況に私は違和感すら覚えますが…これは我慢して皆さんも頑張りしょう(笑)

だいぶ話がそれてしまいました!就活の始める時期ですが,いつから始めてもいいと思います!

私は5月頃まで大学院を目指していました。ですので,就活など一切していなかったし,学校の就活関連のイベントやセミナーなども全部無視してました。

そんなやつがなぜ就活をし始めたのか?簡単です

論文を書くのがとても下手くそで苦手だったからです!!

そんな私が大学院に行ったらどうなるかよく考えてました。結果,苦悩とストレスのほうが強いと判断して就職することにしました。お金もすごくかかるしね!

なんやかんやで切り替えたのは,5月GW頃でしたよ。それでも,焦らず準備編で記載したことを速やかに実行し,私に合うものを探しました。幸い様々な活動をしていたので,大人や知らない人と話すことやプレゼンすることには恐怖心は少なかったです。

 

こうして,最初に決めた今の仕事に就きました。

私が何が言いたいかというと,要は「就活に早いも遅いもない。決まるかどうかは決めてからの行動次第」という事です。

もちろん,最初から就職すると決めている人は解禁と同時に行うことがベストです。しかし,私のように途中から切り替えた人や,仕事の方向性を変えた人は遅いから受かる企業が無いと思わないでください。途中から行った人が募集を終了したところや有名な大企業に行きたいというのは,ちょっと高望みしすぎです。

だからこそ,今いける中で一番行きたいところに行きましょう!そして,時間を無駄にしないで,行動に移しましょう!

そうすれば,就活の時期に早いも遅いもありませんから(^_^)

大手は競争率がたかく,条件が多い

これは説明するまでも無いと思いますが,一応ね。

大手を選びたいという方はまだまだ多いと思います。大手が必ずしも良いとは思いませんが,倒産する可能性は中小企業に比べると少ないというのは事実です。

だからこそ,大手を選ぶ人は慎重になってください。競争率が高いという事は人よりも早く行動に移し,人よりも努力しなくてはいけませんから。

それでも失敗することはありますが,私としては是非挑戦してほしいです!!

成功しても失敗しても絶対自分の糧になります!

SPIは難しくないよ

高校でやったかは覚えていませんが,大学であれば恐らくこのSPIはやることになると思います。

これは適正テストの一種で内容としては学力や内向性を測るものなどいくつかに分かれます。

一見難しい名前に聞こえますが,内容は大したことないです。中高レベルの学力テストみたいなものですから,高校や大学受験ほど必死に詰め込まずとも,持っている知識を引っ張り出せれば解決できると思います!私は全くしていなかったらボロボロでしたが…笑

企業の多くはこのSPIテストを採用の振り分けに用いています。逆に言えばこのSPIをやっておけば大抵の適正テストはクリアできるでしょう!

しかし,SPIはあくまで振り分けるものと考えてください。最終的に重要になるのは,あなた自身の事柄ですから!

就活方法はいくらでも!自力でもできます!

続いては活動方法ですが,これも様々です。一般的には学校の先生に聞きながらやるのが無難ですが,別に先生を頼らなくてもできます。

前にも話しましたが,私は別段学校の就活関係の施設にお世話になっていないですから。

そこで使っていたのが,「リクナビ」などの就活求人サイトです。登録などは学校で済ましたが,それ以降は自分で応募して勝手にやってました!

(教授に何も言っていなかったのでめちゃくちゃ心配されましたけどね笑)

あとは,履歴書書いて,スーツなどを新調して,応募からのアポ,いざ面接!という流れでしたね~

ただし,自力で就活をする際に気を付けなければいけないことはあります。

それは,最低限の常識とマナーは守ることです。

突然会社に来られても困りますし,場違いな恰好や言葉使いなど,社会人として最低限のスキルは身に着けておきましょう。

そして,もう一つ紹介したいのが新しい就活スタイルを提供している「ミートボウル」という会社です。

実はこれ私自信も最近目にしたのですが,内容がなかなか面白いんです!

麻雀就活や,即興劇,クイズなど皆さんがよく知る就活とは全く違う型破り方法で行うみたいですね!実際の評価は分かりませんが,興味のある人はやってみるのもいいかもしれませんね!

このようにやり方は多種多様で今の社会ならば自分の色に合わせて就活が出来ます。しかし,これだけ言っておいてなんですが学校に従って就活施設やイベントを頼るのが無難です…笑

私が言いたいのは,1つの手として自力でも出来るという事です!

メモを取ろう

これは超超重要です!!

多くの人は記憶することに対して過信しすぎです。残念ながら人の記憶とはそこまで優秀ではないのです。

だからこそメモを取る必要があるのです!!
メモを取ることは今後生きていく中でも大切になりまし,自分のためにもなります。

メモをすることで,相手の言っていることを忘れずに済み,後から整理することが出来ます。また,「書く」という行為は知識に変換するのに最も有効です。

 

これは今まで学生をしてきた君なら分かりますよね?

ノートを取らなければ忘れますし,後で見返して復習することもできません。ずっとノートを取らずにテストに臨めば間違いなく点数は急降下します。

他にも意味はあります。もし,自分が後輩に仕事を教えることになったとしましょう。あなたが丁寧に必死に教えているのに,その後輩は口では元気に「分かりました!」というだけで実際は全く理解していなくて仕事が出来ていなかったら,どう思いますか?

こいつ理解してねーな。メモも取らないで,本当に分かってるのかよ。

大体の人がこのように思い,その人に対する信頼は落ちますよね。

これは社会に出ても同じことです。あなたがいくつになろうと,口だけのお返事は,相手からの信用を無くします。説明会などでメモを取らないという事は,意欲は無いし聞いていないというレッテルが張られてしまう可能性が高いです。

だから,メモは必ず取りましょう!どうせメモを取るふりをするのならばしっかりと書いて,自分の糧にしましょう!その方が無駄もなくて素晴らしいです!!

これが出来るか出来ないかで,他の就活生と大きく差を拡げられますよ!

満足いくまでやろう

就活は自分への挑戦です。無理のない範囲でどんどん行っていきましょう!

成功しても失敗しても満足いくまでやることに意味があります。その結果,採用してもらった会社ならば大抵のことは続けられるはずです!

まとめ

さあ,ここまで【活動編】ということでお話してきました。

【活動編】では企業や業界について既に調査済みという状態で話を進めてきました。

それは,この活動よりも先にしっかりと準備が出来ているからなんです!十分な準備が出来ていれば焦ることも無く,直前まで活動しながら準備をすることはないのです。

そんな厳しいスケジュールは失敗しか生まないですからね。

まだ準備が出来てない人は【準備編】で今のうちにしておきましょう!

次回はとうとう【面接編】です!ここまでしっかりとついて来てくれた君ならもうばっちり!面接で自分の色を存分に発揮しましょう!

羽休めが必要な時はまた休憩しにきてください!
心のコンパスを失ったら魔法の言葉「はっぴ~」を唱えてね♪